ママさんナースの働き方

ママ看護師 働き方

ママさんナースの働き方

投稿日:

ママさんナースの働き方

子供ありママナースの働き方

子供のいるママナースの働き方、どう考えたら両立しやすい働き方が実現出来るでしょうか。

「夜勤ありの方が収入は良いけれど、子供が小さい間はやっぱりムリかな」

「子供の幼稚園バスのお迎えまでに帰りたいけれど、都合よく13時までとか職場が自宅近くで見つかるかな?」

「ブランクが5年あり。色々不安だけれど、採血・注射は特に不安・・・」

看護師として復職する際には、様々な不安があるのが普通です。

今までバリバリ働いてきた看護師さんが、出産を経て育児と両立しながら働く場合、とても悩むのが仕事と子育てとの両立の仕方

子供がいて、看護師の仕事とどういった両立の仕方が出来るかは、家族からのサポートがどれだけ得られるかにもよりますよね。

もちろん、お子さんの年齢も大きく働き方に影響してきます。

0歳~3歳くらいまでなら託児所を利用したいママナースは多いと思います。

保育園に入園したら、日勤でフルタイムに働き方を変えたい、転職したい。

幼稚園ママになったら、お迎えに間に合うように午前のみパートで働きたい。

お子さんの成長、家庭環境に合わせて働き方を変えるママ看護師も実際多いですよね。

働こうと思えば忙しく働く事は出来ます。
ただし、どれだけ本気で仕事と育児を両立して頑張れるかにもかかってくると言えそうですね。

ママナースの働き方は色々選べます

育児と仕事の両立って、最初に思っている以上に大変と思います。

小さい子供がいても「常勤で夜勤あり」で働くママナースもいます。

お友達にも何人もそうした子供あり常勤で働くママナースがいます。
時間のやり繰りが上手と思います。見ていて。

ちゃんと学校行事も来ていますからね。

子供が小さい間は子育て優先。
できるだけ、子供が成長していく姿を見たい、ということで「午前中のみパート勤務、土日休み」で働くような選択肢もあります。

看護師としての価値観、子育てへの考え方など、ママナース一人ひとりの考え方が色濃く反映される部分でもあるかなと思います。

幸い、看護師は人手不足の状況もありますし、女性がほとんどを占める職種ということで子育て中のママナースに理解のある職場が多いです。

常勤、パート・非常勤、派遣、単発など様々な働き方を選ぶことも出来ます。

ブランク期間が長くても復職にあたって、受け入れ先の病院やクリニックを見つける事も可能です。

ブランク期間が10年以上あるナースでも看護師紹介会社のコンサルタントによれば、時間はかかっても十分復帰できるそうです。

色々な働き方を検討して、今の私のベスト、といえるママナースの働き方を選びたいですね。

ママナース転職について

子育てと両立、ママナースが働きやすい職場選びがポイント!

子育てと両立してママナースが働くには、働きやすい職場選びができるかどうかが重要なポイントとなります。

ママナースに理解がある

子育てをしていると、急な早退、急な休み。
当然たくさん出てきます。

そうした際に、「子供の事で困ったらお互い様!」と理解がありサポートし合える職場はやっぱりママナースには働きやすい職場となります。

こうしたママナースに理解がある職場の多くは、

  • 同じようにママナースが多数在籍している
  • 上司(師長、看護部長が育児経験者)

である事が多いです。

復職先や転職先を選ぶ際には、子育て中のママナースはまず重要なポイントとして「子育て」「ママナースに理解がある職場かどうか」をチェックされると良いと思います。

人間関係が良い職場

やはり人間関係の良い職場である事は必須です!

ママナースに理解がある、と言ったことにも繋がりますが人間関係が良い職場は何か問題があっても、サポートし合って乗り切ることが出来ます。

急な残業が発生して、子供のお迎えに間に合わないかも・・・
といった時にも、サポートに入ってくれる事も多いでしょう。

人間関係の良い職場は、離職率も低くなります。

給料の高さよりも、人間関係が良く働きやすい職場の方が離職率は低いという調査結果もあります。

ママナースが働く上でも、職場選びは人間関係が良い職場を選びたいですね。

残業なし

出来れば、急な残業が無い職場で働けると良いですね。

子供のいるママナースにとっては、急な残業で一日の予定が変わると、それだけで大変になる事も多いです。

子供の保育園や幼稚園へのお迎え。
預かり保育の活用で夕方まで働いていての残業であれば、夕食の支度、お風呂、寝かしつけ、といった生活リズムが全て後ろ倒しになってとても大変です!

残業は小さな子供がいるママナースにとって、一番の難敵ともいえるかもしれません。

急性期で働きたい、といった希望をお持ちの方もいるかもしれませんが、職場選びに関してはよくよく検討される方が良い部分といえるでしょう。

ママナースの転職はどう考える?

ママナースの転職は、無理なく働けることを優先した方が結果的には退職せず、長く働き続けられる事が多いようです。

今は24時間託児可能な院内託児所ありの病院も増えており、働こうと思えば働く事ができると思います。

でも、無理して働くと家庭生活も含めてどこか、負担が大きくなります。

家庭が回らなくなり、結果として退職・・・と言ったことは避けたいですよね。

ママナースの転職では、どれくらい働けるか、といった事も考えみる事も大切です。

ママナースが働きやすい転職先を見つけるには

実際に、子育て中のママナースが働きやすい転職先を見つけるには、職場の詳しい情報を得てから判断することが大切です。

  • 職場の人間関係
  • 子供がいるママナースに理解がある職場かどうか
  • 上司(師長、看護部長)に子育てへの理解があるか
  • 看護師の人数は急な早退、休みをサポート出来るくらい揃っているか
  • ブランクありの場合、サポート体制はどうか
  • 残業あり、無し
  • 日勤のみで働けるかどうか
  • 時短パートについて

などなど、希望の働き方(常勤、パート)に合わせても職場への確認ポイントが変わってくるでしょう。

こうした細かい職場の情報を確認するのって、自分でやると大変です。

ですから、ママナースの転職においても代わりに詳しく職場の情報を確認してくれる看護師転職サイトの活用が一般的です。

ママナース 常勤転職でオススメの看護師転職サイト

ママナースがもし、

  • 日勤常勤
  • 夜勤あり常勤
  • 夜勤専従常勤

といった働き方で職場を探したい場合、院内託児所・保育所完備の病院を優先して探したい、といったような場合、次のような看護師転職サイトが常勤看護師求人に強くオススメです。

マイナビ看護師

医療ワーカー

看護のお仕事

ママナース パート先探しでオススメの看護師転職サイト

パート・非常勤で時間の融通が利きやすい、休みも取りやすい子育て優先の働き方をしたい場合には、

医療ワーカー

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

などの活用がオススメです。

ママさんナースの働き方、まとめ

ママナースの働き方は、本当にいろいろと選べますし、希望の働き方で職場を探す事が可能です。

そのための情報収集には、ママナース向け求人が多い、先ほどご紹介したような看護師転職サイトの活用がオススメです。

子供の成長に合わせて転職するママも多いですから、その時々に合わせてベストな働きやすい職場選びをしてみてくださいね。

-ママ看護師 働き方
-,

Copyright© 子育て中ママ看護師の働き方、オススメ看護師パート求人 , 2018 All Rights Reserved.