楽しいけれど大変な育児と看護師の仕事の両立

ママナース パートの働き方

ママナースの悩みって?

投稿日:

ママナースの悩み、子育て・看護師の仕事

子育てと仕事の両立、ママナースの悩みで多いのは?

ママナース、仕事に復帰しようと思った時の悩み。

いざ仕事に復職して両立しようと頑張る日々の悩み。

子育てが絡むママナースの悩みは、共通してくる部分が多いです。

ここでは、子育てとの両立で悩む事が多いママナースの悩みについて、ご紹介しています。
あらかじめ、予想を立てておくことで実際に悩む事を回避できるかも知れませんし、いざ困った時にも対処法を思いつきやすくなるかもしれません。

お子さんの年齢、復職時期にもよりますが子育てと看護師の仕事の両立期間は、長く続くママ看護師の方は多いと思います。

ママナースに多く見られる悩みについて、早速みていきましょう。

少しでも参考になる部分、子育て中のママナースの悩みあるある、という部分があれば対策に役立てていただければ幸いです。

ママナースに多い悩み

夫が育児・家事に協力的ではない

復職を考えたママナースに最初に立ちはだかる壁が、夫、というご家庭もあると思います。
これってかなり別れる部分と思います。

最初から理解があって超協力的な夫である場合と、全く家事・育児を手伝う気がない夫。
ゴミ出ししかしていないのに、家事に協力していると言い張られたら、腹も立ちますよね。

結婚するとき、

「子供が生まれても仕事を続けるつもりだから・・・」

と言っていたにも関わらず、出産後も家事・育児にあまり協力的ではない。
そうした旦那さんもいると思います。

その場合、口で言っても難しいです。

周りのママ友が仕事に復帰する際に効果があった方法としては、

これから子供の成長にかかるお金を試算する方法

です。

平均的な年収の旦那さんであれば、子育てにかかるお金を見て、

「自分の給料だけでは厳しいよなあ・・・」

と考えるもの。

そのため、共働きでないと難しいという話の展開が出来る場合が多いです。
最初はパートで、無理なく両立なら話は進めやすいと思います。

ただ、ご主人の年収が高い場合には通用しない事もあります。
その場合、自分の仕事観、人生の目標なども持ち出してみると効果があるケースもあります。

ただし、ご主人の性格などもあることですから、様子を見ながら話を進めることは大切ですね。

もし話が平行線の場合には、お互いエスカレートしすぎないように気をつけることも大切かもしれません。

キャリアを取るか、子育てを優先するかで悩む

最初から子育てを優先したいと考えるママナースの場合には悩む事が少ないようですが、看護師としてのキャリアも大切にしたい場合、確実に悩むことが多いのが働き方のバランスです。

キャリアも優先したい場合、どうしても総合病院で常勤で復帰、といったような選択肢になると思うのですがキャリア優先で安易に考えるのはオススメ出来ません。

家族からの協力が得られる事が必須ですし、お子さんの年齢によっては院内託児所・保育所を利用しての両立。
仕事が終わったら休む間も無くお迎えして育児の時間、と体力的な厳しさも覚悟しておく事が必要といえます。
本当にくたくたです。

子育て中ということで多少は考慮されるかも知れませんが、常勤看護師である以上は、仕事優先の時もあるでしょう。

キャリアアップを優先してしまうと結果的に家庭が回らず、崩壊する可能性があります。

両親のサポートがある、などの場合には働きやすくはなりますね。

そうでない場合には、子育て中のママナースに理解のある病院へ転職する、時短勤務が可能な病院へ転職する、など職場を選ぶことも大切と言えます。

お子さんが小さい間は、無理なく働ける事を考えた方が働きやすいと言うことは確実にいえるかと思います。

家事をする時間が無い!

看護師の仕事と家庭の両立を目指す場合、やはり家事をする時間が思ったほど取れないのが悩み種、というママさんは多いです。

仕事を育児で疲れきってしまって家事をしたくない日が多い、と言い換えても良いかもしれません。

選択、食事の準備、食器の片付け・洗い物、掃除、明日の準備、仕事関連で準備もあるかもしれませんね。

ママとして、看護師として、全てをこなすのはとても大変です。

疲れが溜まりすぎて何もする気になれない日が次第に増えてきて、気づけば・・・と言ったことは避けたいですね。

食器洗浄機、自動掃除機、乾燥機能付き洗濯機、などなど。
探せば家事が楽になりそうなもの、色々とあります。

食材宅配もレシピ付き、半調理済の宅配なんかもあります。

疲れたら、楽をしてください。
頑張り過ぎると、後から反動が来る事がやっぱり多いですからね。

意外と買って良かったのが、いつでも気軽に使えるスティック型掃除機です。
従来の掃除機は重たいし、電源コードを伸ばして繋いで、といった一手間が面倒なんですよね。

軽量のスティック型掃除機を持っていると、ゴミが気になった時にサッと取れますし、子供の食べこぼしもサッと片付けられます。

ストレス軽減に、思った以上に役立ちました。

家事の負担を減らすために、家電の購入を検討したりするのも良いと思います。

共働きで収入が増えるのですから、少しでも家事が楽になる家電も買ってみてはいかがでしょうか。

復職にあたって、ブランク期間が不安

お子さんが何歳で復職するかにもよりますが、育児ブランク期間が3年、4年、もっと長いママさんもいるかもしれませんね。

育児ブランク期間が長いと、やはり復帰にあたっては様々なことが不安になります。

特に「採血・注射スキル」に関しては不安な看護師さんが多く、潜在看護師の復職支援セミナーでは採血・注射に関しての内容は人気が集まりやすいということです。

看護技術的なこと、最新の医療知識への不安、体力的なことへの不安、職場の人間関係になじめるかといった不安なママナースの方、それぞれに不安があるようです。

子供の急な発熱、体調不良の呼び出し・欠勤

ママナースが働く上で避けられないのが、子供の急な発熱、体調不良の呼び出し・欠勤です。

特に保育園、幼稚園の頃の子供達は、病気をして免疫力を付ける時期でもあります。

病児・病児後保育対応でなければ、37度を超えたり、発疹があったり、嘔吐したりといった場合には早退して小児科へ連れて行ってもらう、という方針の園が多いと思います。

感染する可能性のある病気だと困りますからね。

そうしたお迎え要請の対応は、基本的にはママだと思います。

兄妹がもしいた場合には、時期をずらしてそれぞれ自宅待機の病気になることもありますから、今月はほとんど出勤出来なくて本当に困った・・・という事になる月もあるかもしれません。

そうした場合にも備えて、ママナースに理解のある職場で働いておくことはとても重要ですね。

それに、ただの発熱と思っていたら段々と様子が代わり、履いてチアノーゼが起こり、救急車を呼んで搬送、重大な病気だったといったケースもあります。

子供の普段の様子とどう違うか、と言った状態の見極めはママの大切な役割ともいえると思います。

ママナースの働き方は「無理ない働き方」がオススメ

子育てを大部分任せる事が出来る人がいる、働き方ができる、といった事でもない限りは、お子さんが小さい間は子育てメインの働き方を考えた方が良い結果になるケースは多いと思います。

実際、子育て後に常勤として復帰、キャリアアップをしている方も多いです。

子育て経験があるからこそ、今の自分がいるといった話をされる看護部長って、結構多いと思いますよ。

お子さんの成長に合わせて転職、働き方を変えるママナースも多いです。

今は昔よりも子育て中のママナースが活躍しやすい職場環境を、という病院も増えてきていますし意外とママナースが働きやすい訪問看護の仕事という選択肢もあります。

一人で悩みを抱え込まないことも、大切なポイントだと思います。

既に育休や転職で復帰していて、今の職場の働き方が負担が大きくて辛い・・・といった場合には、異動を相談することも出来る職場もあるのではないでしょうか。

夜勤無し外来、透析、健診部門などへの異動を考慮してもらえる可能性を上司に相談するのもありです。

また、もしこれから復職先をお探しになるのであれば、ママナースが両立して働きやすい職場を探すために情報収集がとても重要ですね。

ママナースが働きやすい転職先を見つけるには

では、

  • ママナース 常勤転職でオススメの看護師転職サイト
  • ママナース パート先探しでオススメの看護師転職サイト

とそれぞれ情報収集にオススメの看護師転職サイトをご紹介しています。

こうした看護師転職を専門とする転職サイトを活用することで、ママナースがどれくら働いて居るかなど、職場の詳しい情報を得られます。

情報収集にぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

-ママナース パートの働き方
-,

Copyright© 子育て中ママ看護師の働き方、オススメ看護師パート求人 , 2018 All Rights Reserved.